ふはん...あれこれ

2019/08/14

生麩を切るための...コツ

IMG_0502.JPG

生麩を上手に切るためには、実はちょっとしたコツがあります。

生麩+包丁+まな板を水でぬらしてから、グッと押すように切って下さい。

簡単に切ることができてしまいます。お試しあれ!

<写真:大沼国定公園にて>

 

2019/08/13

夏野菜と生麩のカリっと揚げ

暑い日が続きますが…そんな日のお昼には、冷たいお素麺がいいですね。

お素麺の付け合わせに、ぜひ取り合わせて頂きたいのが『夏野菜と生麩のカリッと揚げ』。
簡単で、栄養も豊富で大満足のランチになります。
賑やかに皆さんが集まるこの季節に、ぜひ一度お試し下さい。
<夏野菜と生麩のカリッと揚げ>
①夏野菜、好みの生麩をほどよい大きさに切る。
(この時ナスなどアクの強いお野菜は、しっかりアク抜きもしておく)
②夏野菜の水気をキッチンペーパーなどでふいておく。
③切った夏野菜と生麩に、片栗粉をまぶす。
④170℃くらいの油で、きつね色になるまでサッと揚げる。
⑤油を切って、出来上がり。
お素麺と一緒に、めんつゆで召し上がれ・・・。
<写真:岐阜県白川町にて>

2019/08/10

托鉢

IMG_1620.JPG

鎌倉では・・・托鉢のお坊さんが時折、修行で廻ります。

麩帆でも、いらした際にはお布施をさせて頂きお経をあげてもらいます。

2019/08/10

ギフトボックスに・・・

IMG_1623.JPG

麩帆では、ご贈答用に専用のギフトボックスにお入れ致します。

笹衣5個〜12個まで入ります。(1箱¥150)

ぜひ、ご利用下さい。

2019/08/09

夏の期間の生麩のお取り扱いについて・・・

IMG_4039_2.JPG

生麩は、ナマモノのため...保冷バッグなどのご用意があると安心です。

当店窓口でも、¥110にて保冷剤+保冷パックをセットにして販売させて頂いております。

ご希望の方は、お申し付け下さいませ。

<写真:美ヶ原高原にて>

1 2 3 4 5 6