生麩のレシピ

桜みそを使って・・・3

IMG_3951.JPG

あっさりとした白身のお魚と、

この桜みそとの相性が

なんともバッチリな組み合わせ。

春爛漫のお花見弁当の1品にぜひ。

鰆の桜みそ焼き

①鰆の切り身に、薄く塩を振り

10〜20分ほど置く。

②水気をペーパータオルなどでよく拭き取り

③皮側に桜みそを満遍なく塗る。

④アルミホイルでふんわりと包み

魚焼きグリルで中火で焼く。

⑤さらにアルミホイルの上部を開けて、

こんがりキツネ色になるくらいまで

焼いて完成させる。

春のコラボを召し上がれ。

 

桜みそを使って・・・2

IMG_3955.JPG

生麩の田楽にも、

焼いて、揚げて、茹でて、、、と、

それぞれの用途や好みにあわせて

いろいろな方法があります。

今回は、グリルを使って焼くだけの

本当にシンプルで簡単なレシピをご紹介。

春の生麩田楽

好みの生麩を2cmに切っておく。

(春はやっぱりよもぎ麩がいいですね)

お魚焼きのグリルに、

くっつかないフッ素加工のアルミホイル

(なければ普通タイプのアルミホイルに

霧吹きで水を吹きかけておく)

を敷き、切り口を上にして生麩を並べる。

およそ3〜4分、

表面がきつね色になるくらいまで焼く。

桜みそを添えて召し上がれ。

 

桜みそを使って・・・1

桜みそを使って・・・

毎年、この季節になると

春の苦味をいただくことが

とても楽しみになっております。

たらの芽、山うど、菜の花、筍・・・

山の恵み、旬のお野菜や山菜を

上手に取り入れて健康にも

留意していきたいところですね。

 

よもぎ麩とたらの芽のカリカリ揚げ

①よもぎ麩は、2cm角に切っておく。

②たらの芽は、枝の部分やトゲをはらい

芽の部分だけ上手に残す。

③それぞれの素材に

片栗粉をまんべんなくまぶしておく。

④170℃〜180℃ に熱した油で

こんがりするくらいまでカリッとあげる。

⑤油を切って桜みそを添えて召し上がれ。

桜の香りがふわっと甘く、

春の苦味を引き立てます。

もちろん天ぷらにしても美味しいです。

 

湯生麩のススメ

fullsizeoutput_167.jpeg

この季節、生麩屋と致しましては

湯豆腐ならぬ湯生麩のススメをしております。

寒暖差の激しい今年の冬を上手に乗り切っていくためにも

ぜひぜひ湯生麩お試しください。

ご自身で好みの薬味を加えて

どんどんアレンジしてお楽しみください。

ちなみに、私は・・・

小さな小鍋で、薬味に九条ネギを細かくたくさん刻んで

湯生麩を頂くのが大好きです。

湯生麩

好みの生麩を用意する。

②薬味を用意する。

ネギは、小口で細かく刻んでおく

生姜は、たっぷりすりおろしておく

ゴマは、すりつぶしておく

③鍋にだし昆布1切れと水を入れてお湯が

ぐらっとするくらいまで沸かす。

④火を止めて好みの生麩を2cm角くらいに切り

お湯に入れてふわっと浮いてくるくらいまで温める。

⑤薬味を全て合わせて

お醤油と、たっぷりの鰹節を加えて召し上がれ。

 

 

生麩のフライ

IMG_6039.JPG

ビールのおつまみにもよく合う生麩のフライ。

1口サイズにしてコロコロした形でも美味しいですし、

串に刺してネギと交互にねぎま風串揚げでも美味しいです。

精進料理風もどき料理に例えるなら『カキフライもどき(黒ごま麩)』

なのかなぁ、と思っています。

生麩のフライ

材料:好みの生麩、小麦粉、卵1、パン粉、塩胡椒適宜

①生麩を1口大に切る。

②軽く塩胡椒で下味をつける。

③小麦粉をまぶして余分な粉を払い落としておく。

④卵液をくぐらせてパン粉を満遍なくまぶす。

⑤170〜180度に熱した油できつね色になるまで

コロコロ転がしながら揚げる。

⑥油切りにあげて、しっかり油を落として出来上がり。

好みで塩やソースをかけて召し上がれ。

1 2