ふはん...あれこれ

2019/08/29

なすと粟麩の揚げ浸し

いよいよ朝夕は、風が涼しく感じられるように

なってきましたが…

日中は、まだまだ夏の暑さが続きます。

 

こんな夏の終わりの夕飯に、
 なすとあわ麩の揚げ浸しを一品
 追加してみてはいかがでしょうか?
 
夕食中の会話も広がります♪
 
 
<なすと粟麩の揚げ浸し>
 
①なすは、2cmほどの厚さの輪切りにし、
しっかりアク抜きをしておく。
 ②あわ麩も、2cm角に切っておく。
 ③カツオと昆布で出汁を取り、
醤油とみりんで味を整える。
(めんつゆなどでの代用でもOK。
 粟麩があっさりとしているので、お出汁は濃いめでもいい。)
④あわ麩→水気を拭き取ったナスの順に
170℃くらいの油でサッと素揚げにしていく。
⑤油を充分に切ってから
③の出汁と合わせて・・・召し上がれ。
 

2019/08/21

小さな秋・・・

鎌倉には、小さな細い路地が多々あります。

 そんな路地には、

ご近所のにゃんこ達や

野の花たちがひっそりと佇んでいます。
今朝は、この暑さの中で
早くも赤くなって落ちた葉を見つけました。
連日の暑さ続きではありますが…
たまには、のんびりと歩いてみるのもいいですね。
今日は、ようやく涼しい風を感じる朝となりました。

2019/08/18

かまくら長谷の灯かり

8/19(月)〜25(日)18時半〜20時半

長谷・極楽寺エリアの8名所が、

夜間一斉ライトアップ。

 

鎌倉の美しい文化と自然を感じる「灯かり」の世界。
今年も、色々なイベント開催あります。
夕涼みがてら…夜の鎌倉散歩もおススメです。

2019/08/16

つくつくぼうし

暑さ厳しい毎日ですが、

少しずつ、確実に秋は近づいているようです。

蝉の鳴き声の大合唱が続く中、

ほぼ、つくつくぼうしの鳴き声に変わっている事に

気がつきました。

夏の終わりを告げるつくつくぼうし。

なんとなくではありますが、
 鎌倉にも秋の気配は
すぐそこに。。。

2019/08/14

生麩を切るための...コツ

IMG_0502.JPG

 

生麩を上手に切るためには、実はちょっとしたコツがあります。

生麩+包丁+まな板を水でぬらしてから、グッと押すように切って下さい。

簡単に切ることができてしまいます。

まずは、お試しあれ!

 

 

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...