ふはん...あれこれ

2021/04/21

早いものですね・・・

IMG_0425.jpg

 

すっかり初夏のような

陽射しと海と新緑

 

半袖スタイルで気持ちいい風が

吹いている鎌倉。

 

本当に早いもので、

今年も柏のふまんじゅうが

始まります。

 

皆さまのお越しを

お待ちしております。

2021/04/17

炊き上がりました!

Attachment-1.jpeg

毎年、

 

『ごまみそ』

 

の炊き上がりを

楽しみにしてくださっている方々も

たくさんいらっしゃいます。

 

今年は、桜が早く散ってしまったので

ごまみそも

少し早めの炊き上がり・・・。

 

ソースやドレッシングのベースに、

和え物にと、大活躍です。

 

1パック120g 380円

店頭にて販売中です。

 

写真は、使用している特上の白ごま。

 

生のままだと、

真っ白な半透明でぺったんこ。

 

火を入れていくと

ぷっくりと膨れ上がって

1粒1粒が際立って

とても香り高いごまへと変化していきます。

 

2021/04/15

なんだか・・・

IMG_0664.JPG

なんだか

第4波の懸念が

現実となりつつある今日この頃。

 

季節の変わり目の寒暖差の激しいお天気が

まだまだ続いております。

 

皆さまも

体調など崩されませんよう

くれぐれもお気をつけ下さいませ。

 

再び

静かになりつつある

鎌倉です。


挫けずに

なんとか踏ん張っていきます!


感染対策、マイバッグのご持参に

ご協力お願いいたします。

2021/04/10

1つ1つが・・・

1つ1つが・・・

 

『1つ1つが手作り』

最近は

よく耳にし、目でみるフレーズ。

 

生麩は

まさに生き物のような存在で

 

仕込みの日の温度やら湿度やらに

とても大きな影響を受ける。

 

なかなか思い通りに・・・とはいかない

ちょっと面倒な相手なのである。

 

だから

1つ1つを

本当に丁寧に扱ってあげないと

いけない。

 

作り上げる過程全ての中で

心底、気をつかいながら

仕上げていく。

 

仕込みは

何日も前から取り掛かり始める。

 

でも、実は仕事というものは

全てにおいて

そんなものなのかもしれない。

 

 私たちの仕事の結果は、

品の出来上がりに

即反映されてしまうから

 

どうしても

手が抜けないのだと

日々語り続けている

店主である。

 

2021/04/08

生麩とチーズ・・・

生麩とチーズ・・・

 

生麩とチーズの

組み合わせは絶妙です。

 

あんまり味を主張しない生麩と

こってりチーズ

 

これがまた合うんです。

 

生麩にスライスチーズを巻き

一番外側に

餃子の皮を巻いて

 

カリっと揚げてお塩をぱらぱら。

 

アルミホイルを敷き切り口を上に

2cm幅に切った生麩を並べて

シュレッドチーズをのせ

トースターで焼いても・・・

 

生麩に切り込みを入れて

チーズを挟んで

串を刺して

フライの要領で衣をつけて揚げて

串揚げでも・・・

 

おつまみにGOODです。

 

生麩を求めて買いに寄ってくださった

お客さまから

久しぶりに聞いたチーズとの相性。

 

今夜は、生麩とチーズで

おつまみ作ろうか。

  

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...